梅肉エキス

クリックで画像を表示
3毒を断つともいわれ、万病の薬として昔から重宝されてきた梅。
その梅を絞った果汁を煮詰めて作る、古来の智恵ともいえる自然の常備薬が、「梅肉エキスです。
1kgの梅から約20gしかできない貴重なものです
無肥料・自然栽培の梅だけを使用して作っています。
(残留農薬などの不純物も50倍に濃縮される可能性があるので、清浄な土地でとれた無農薬のものがお勧めです)

強酸性(pH1.4)ですので、強い抗菌作用を示し、お腹の調子が悪い、喉の調子が悪い、といった際に重宝します。
 *一般にカビや細菌はpH2以下で死滅します

我が家でもおなかの痛いときや・風邪気味のときなどにとても重宝しています。
エキスが凝縮され、嵩張らず、保存も利くことから、外出・旅行時に持ち歩くのにも便利です。

また、梅には含まれず、果汁を煮詰める際に生成される「ムメフラール」という物質には、血流改善効果も確認されています。

【ご利用方法】
耳かき1杯程度(約0.5g)を目安にお召上がりください。
そのまま舐めたり、お湯に溶かして飲んだり、醤油や、黒砂糖を加えて飲んでも良いです。

(原材料・・・梅)
内容量・・・50g)  
(賞味期限・・・製造日より5年)

【東条百合子著家庭でできる自然療法より引用】

これは殺菌作用もあり腸内の有効な細菌を育て雑菌を殺しますから、腸のいっさいの病気に効きます。
腹痛・胸やけ・下痢・便秘・高血圧・低血圧・心臓・腎臓・肝臓・糖尿などに良く、子どものある家では必ず常備して欲しいものです。
これ一つあると、大抵の病氣は大事に至らず済みます。
何の熱かわからなくても梅肉エキスを湯で薄めるか、オブラートに包んで一日三・四回飲ませますと大難をまぬがれます。
伝染病の流行る時は梅肉エキスを飲んでおくと伝染しません。
チフスや疫痢にかかって熱を出したときすぐ飲ませますと、そのまま解熱して治ります。

・・・梅肉エキスはこのような消化器感染症には強い殺菌力があります。
潜伏期のうちならその菌はみんな殺されてしまいます。
また発熱してからでも一日や2日の間なら菌の繁殖をおさえ解熱させるくらいです。
お腹の調子が悪いと思ったら、とにかく何でも梅肉エキスを飲んでおかれると大難をまぬがれます。
またこうした病人がいる家族も飲んでいますと決して感染しません。
病人には湯またはぬるま湯で梅肉エキスをといて一日数回与えます。発熱しだしていても大事に至らず早く治ります。

みんなのレビュー

総合評価 5(2件) レビューを読む
  • 美味過ぎ
    これは、ある意味ヤバいです!
    軽くて美味過ぎるので、ペロッと一袋食べちゃいます。

    投稿者:umiakka

    投稿日:2017-10-22

  • 家族の健康をサポートしてくれる強い見方です!
    梅肉エキスは色々な効能があり、家族の健康をサポートしてくれる強い
    見方です。
    これからの時期、風邪やインフルエンザの予防のためにも毎日少しずつ
    摂取しています。
    もと屋さまのつくられた梅肉エキスはトロトロタイプではなく、フワフワ
    していて、酸っぱすぎず爽やかな味で、後味が残らず食べやすく美味しいです。
    昔ながらの自然食って素晴らしいなぁとしみじみ感じました。

    投稿者:niko

    投稿日:2017-10-07

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています