自然栽培 原木なめこ(100g)

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
これで100gです。
原木栽培とはサクラ等の木(原木)にナメコの菌を植え付け、半年から一年以上かけてじっくりと栽培する昔ながらの栽培方法です。

それに対し,菌床栽培とは,オガクズや綿がら,コーンコブ(とうもろこしの芯の粉砕物)などに、フスマ(小麦のぬか)や米ぬかなどを混ぜ固めたものに種菌を植えて栽培する方法です。
3~4ヶ月ほどで収穫可能な促成栽培のため,軟弱となり雑菌に弱く,殺菌剤や防カビ剤などが農薬として認められているそうです。

一方,原木を使った自然栽培では,ナメコは原木の栄養だけで育ち,一切の肥料,農薬は必要ありません。
また,原木は当園の水田近隣で自家採取したものだけを使用しています。

(内容量・・・100g)

みんなのレビュー

総合評価 (0件) レビューを読む

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています